新記録を秋の飛行機大会で2つも作っちゃいました!!

こんにちは。「空飛ぶwill be」管理人のピロです。

 

さて、上の写真の複葉機に驚かれた読者の方も多いと思います。

 

複葉機と言ったら、だいたいが2枚の主翼なのに、この写真の飛行機は3枚。

厳密にいうと3枚になると、複葉機ではなく「三葉機」と呼ぶそうです。

 

 

「またお前ら、変な飛行機持ってきやがったな!?」と、思われるかもしれませんが、

残念ながら違います。この飛行機は、私たちのものではありません。

 

では、誰の飛行機なのか?驚かないでくださいね?!(←早く言えよ! 笑)

 

なんと!飛行場クラブのスーパースター、Tutumiさんが持ってきた飛行機です。

 

 

「えぇ~!!」と、驚かれた読者の方も多いと思います。

 

TutumiさんといえばAddiction。

 

水上機でもスタントをやってしまうくらいの根っからのスタントフライヤーなのに、

この日持ってきた飛行機は、どう見てもスタントとは程遠いものですから。

 

Addictionを知らない方は、こちら!

↓     ↓     ↓

大人よりも大きなラジコン飛行機

 

まさか、Addiction故障!?という不安がよぎりますが、

残念ながら(?)それも違います。

 

実は今日は、飛行場クラブの秋の飛行機大会!ということで、

その大会用に持ってきた飛行機なのでした。

 

 

「早く言えよ!!」と、お怒りの読者の方も多いかと思いますが、先に進めます。汗

 

スポンサーリンク

秋の飛行機大会がありました

クソ長い前振りから改めまして、今日は毎年恒例の(←だ、そうです。初参加なので… 笑)

飛行場クラブの秋の飛行機大会がありました。

 

 

競技種目は、全員参加の3分間タイムラリーと、希望者によるF5J滑空競技の2種目。

 

私たち「空飛ぶwill be」メンバーは、そのうちの3分間タイムラリーに全員で参加してきました。

 

 

このタイムラリー、離陸から着陸までのタイムを競うもので、3分に近いほど高得点になります。

そして3分を過ぎると、1秒ごとに2点ずつマイナスされるというもの。

 

そして、定点で着陸をすると20点がプラスされます。

 

 

ちなみに、飛行機の機種は自由です。

そして、上空では何をやってもポイントに影響しません。

 

つまり、フルサイズの飛行機だろうがスケール機だろうが、グライダーでも何でも、

ラジコン飛行機であれば何でもOK。

 

スタントをやりまくろうが普通に旋回するだけだろうが、すべてその人の自由です。

 

なので、いつもの飛行機で参加する人や、先ほどのTutumiさんの複葉機みたいに大会専用の機体で参加する人など、いろいろでした。

 

 

EXTRA‐スケール機

大会限定!?飛行場役員F川さんのカッコかわいい!?EXTRA(もどき)です。

 

FLASH‐ヨシオカ

ステージ飛ばすより楽しそう!?Mitu井さん所有のFLASHです。

 

グライダー

フルサイズ!?のグライダーで参戦!N井先生です。

 

秋のラジコン飛行機大会

「タイム測ってくださいよ!?」HIMAGINE・Y中さん、カメラ目線です。

 

秋の飛行機大会の記録を塗り替えちゃいました!

さて、そんな飛行機大会ですが、今回も私たち「空飛ぶwill be」は

大いに存在感をアピールしました。

 

なんと、私たち「空飛ぶwill be」のメンバーの中から、

飛行機大会の記録を塗り替えた人が出ちゃいました。

 

しかも2人も!?

 

その2人とは?

1人は「空飛ぶwill be」エース優太と、もう1人はなんと私、管理人のピロです。

 

飛行機大会の記録を塗り替えた!エース優太!!

まず1人目。絶賛スポーツマンパターン練習中の、エース優太です。

助手に、HIMAGINE・Y中さんが付きます。吸い寄せられるように、Mitu井さんはじめ飛行場クラブの精鋭たちも集まります。

 

そうなると、もうタイムラリーだろうが何だろうが関係ありません。

 

絶賛スポーツマンパターン練習中のエース優太、

ここでもスポーツマンパターンの練習です。

 

精鋭たちが見守る中、次々とパターンを決めていきます。

 

そんな中、2回正宙返りが終わったところで、

Y中さんの指示通りに演技を打ち切って着陸に入ります。

 

さて気になるタイムは?2分54秒!

しかも定点着陸まで決めて暫定1位です!!

 

 

さすが、エース優太。

もう彼は「空飛ぶwill be」だけでなく、未来のラジコン飛行機界のエースですね。

 

いつの間にか、遠いところまで行ってしまいました。

 

…今のうちにサインもらっとこ(←おい! 笑)

 

この後、さらに高得点をたたき出した人が現れて、最終的には3位になりましたが、

それでも、ラジコン飛行機歴半年足らず&初参加での3位は、

スゴイ!の一言ですよね。

 

 

初参加での上位入賞は、大会史上初とのこと。

 

エース優太、堂々たる大記録を打ち立ててくれました。

 

飛行機大会の記録を塗り替える?!管理人ピロ

2人目は私、ピロです。

どんな記録を打ち立てたのか?気になるかと思いますが、先に進めます。

 

 

助手に飛行場役員F川さんが付いて、スポーツマンを練習するにはまだ力不足な私は、ローパスの練習です。

 

F川さんの指示を受けながらフライトに熱中する私ピロ。

 

この時にはもう、今がタイムラリー中であることは、

頭の中からきれいサッパリ忘れ去られていました。

 

そうこうしているところに、計測係のHIMAGINE・Y中さんに背中をポンと叩かれて一言。

「ハイ、失格♪」(←嬉しそうに言うY中さん 笑)

 

なんと、時間を忘れてローパスに熱中していた私は、

規定時間を過ぎたためタイムアウトで失格になってしまったのです。

 

 

「空飛ぶwill be」メンバー全員が大爆笑しているのを背中に感じながら、

そそくさとプロポをF川さんに渡して強制終了です。

 

タイムアウトでの失格者が出たのは、大会初とのこと。

 

管理人ピロ、まさかの珍記録を打ち立てて、記事ネタ提供です(汗)

 

 

…と、いうわけで大記録と珍記録、2つの新記録を

私たち「空飛ぶwill be」が樹立しちゃいました!!というお話でした。

 

さいごに

フォトグラファー・たかお、ついにデビュー!?

 

この日、デジタル一眼を格安で入手したモヒカンたかお。

人生初の一眼レフがそんなに嬉しかったか、テンションあがりっぱなしで、

何か見つけてはシャッターを切りまくっていました。

 

でも、その姿が…

こちらをご覧ください ↓

一眼レフで写真を撮る鷹尾 canon EOS10Dで写真を撮る鷹尾

 

…たかおよ。これでは、ただの変質者だぞ。笑

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    このブログの管理人です。 体のサイズが大きい(身長が高いとも言う)ところから、 「進撃の巨人」とか「スポック(@スター○レック)」とも 呼ばれています。