カルマートα2号機、軽くスマートにいま空へ。

こんにちは~、由佳です。

昨日に引き続き、今日もやってきました飛行場!!!

 

「昨日?何のこと!?」というあなたは、こちらをどうぞ!!

↓    ↓    ↓

文化の日に、ラジコン飛行機をすすめましょう!

 

いつもは水曜日でも2、3人は飛ばしているのに、本日はなんと!

誰もナッスィング!!(←何語? 笑)

 

私たちだけ!貸し切り状態じゃないですか~♪♪♪

 

嬉しい反面、ベテランの先輩たちが誰もいないのはちょっぴり不安でもあったり

自由への解放感でもあったり…

 

そんなことをいろいろ感じながら、

今日も元気にカルマートα2号機くん、とばします。

 

…と!ここで、昨日の記事を読んでいただいているあなたは、

「エンジンが泡吸ってる状態で、飛ばせるわけないだろ!?」と、思っていることでしょう。

 

ところがカルマートα2号機くん、昨日の絶不調もなんのその!

今日は、元気に10フライト飛んじゃいました!!

 

「前日に1フライトしか飛ばなかったのに、いったい、何があったんだ!?」

と、思いますよね??

 

何が起こったのか?あなただけに教えますね。

 

…実は私たち、奇跡の力を使ってエンジンを蘇らせたんです!!!??

 

 

…感じます。

読者のみなさんの殺気に満ちたまなざしを、痛いほど。(冷汗)

 

スポンサーリンク

軽くスマートなカルマートα2号機の、できるまで!

「バカも休み休み言えよ!」と、このブログが大炎上する前に(←今さら遅い? 汗)、白状します。

 

なんだか最近トラブル続きのカルマートα2号機くん。

 

みんなで買ったOSエンジンのFS-70 Ultimateくんも昨日のフライトで不調を訴え、まさかの降板!

そのまま、昨日はフライト終了したのですが、実はその後に続きがあったんです。

 

カルマートα2号機、軽くスマートに移植手術!?

まさかのUltimateくん絶不調!

翌日もせっかくのフライト日和なのに、このままでは飛ばせない!!

 

こんなとき、やっぱり頼りになります!

私たち「空飛ぶwill be」の会長です!!

 

なんと、その数100を超えるという!?(←大げさ 笑)

会長のエンジンコレクションから、エンジンを差し出してくれたんです。

 

しかも、またまた4サイクル!

OS!!

FS-70!!!

 

と、いうわけでUltimateくん、あっという間に積み替えとなりまして。

 

フライト後に会長宅に直行!

カルマートα2号機、エンジンの移植手術を行なった次第です。

 

そのときの写真です!

カルマート±エンジン積み替え カルマート±エンジン載せ換え

 

カルマートα2号機、軽くスマートに生まれ変わりました?!

さて。前日にエンジンの移植手術を行なって迎えた今日!早速フライトです!!

 

新たに積んだ4サイクルエンジン、FS-70は(←今回は「Ultimate」抜きです)、

もともと会長が大事に使い込んでいたものなので、何の心配もいりません。

 

よし!早速エンジンをかけよう!!

 

カルマート±エンジンがけ

すぐに元気よく回り始めるエンジン。

 

その音は2サイクルと比べると、ぜ~んぜん違って。

例えるなら…ものすごく頼れるアニキのような音です。(←イメージが伝わるかな 笑)

 

やっぱり、4サイクルは違う!

 

音だけ聞いていても、もういつでも大丈夫!!

そんな頼もしい、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

最初に買った高翼カルマートくん、そののっそりもったりとした離陸から、

「カル(軽)マートではなくオモ(重)マート!」

なんて、不名誉な呼ばれ方をされていたくらいですが、この3代目カルマートは(←カルマートα2号機のことです)、4サイクルエンジンのおかげもあって、

本当に「軽マート」と、呼ぶに相応しい機体に仕上がりました。

 

そして今、カルマートは空へ・・・

 

安定感抜群で、しかも軽やかです。

 

「おいおい、練習機なんかに4サイクル積むんじゃねーよ」

って聞こえてきそうですが、それでもいいんです。

 

カルマートが気持ちよく空を飛んでくれれば、なにも気にしません。笑

 

軽くスマートなカルマートα2号機!

パイロットのおじさんも、心なしかにこやかです♪

カルマートのパイロット

 

とにかく、無事に飛んで良かった!!

 

さて、これからもいっぱいお世話になります、カルマート!!

 

 

今日も一日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

「空飛ぶ will be」女性フライヤー。「ぶっ飛んだ」発言で周りを驚かせることが多いことから、「空飛ぶ will be」の「ぶっ飛び」担当を襲名。