サーカス40が、初日でいきなり10フライトも飛ぶなんて!

こんにちは、「空飛ぶwill be」管理人のピロです。

早いもので、もう9月。2015年も残すところ、あと4か月を切りましたね。

 

さて、「空飛ぶwill be」9月最初のフライト。今回から、新たに1機がデビューしました。

 

スポンサーリンク

サーカス40デビュー

前回、私のターゲット4Cー80が鈴鹿川の藻屑と消えた事件を受けて、

「やっぱり、いきなりスタント機は早すぎるよね」ということで、急遽作りました。

私たちの低翼練習機、サーカス40です。

 

鈴鹿川へのダイブ事件が2週間前で、そこから制作したので製作期間2週間弱。

 

最初の頃は、1機完成させるのに1か月かかっていたことを思うと、かなりの進歩ですね。

 

これもひとえに、「空飛ぶwill be」会長の全面サポートがあってこそなので、

会長には本当に感謝の一言です。

 

サーカス40に話を戻して、

勘のいい読者の方は、右翼のハートが目についたことと思います。

 

「今までのラジコン飛行機にはない配色とデザイン」をテーマに追求した結果、右翼にハートがアクセントとして入ることになりました。

 

決して、誤ってフィルムに穴が開いたのを、隠すためのものではありません。(←自爆 汗)

 

サーカス40を早速みんなで飛ばしてみました

サーカス40を飛ばしてみました

そんなサーカス40を、早速みんなで飛ばしてみました。

 

「練習機」というだけあって、普通に飛ばしやすいですね。機速もそこまで速くないので、落ち着いて飛ばせます。

 

メンバー全員が、「飛ばしやすい!!」と大好評。

デビュー初日から、いきなり10フライトと引っ張りだこでした。

 

このサーカス40には、通常飛行からスタント練習まで、たくさんお世話になりそうです。

 

そんな私ですが、唯一できるスタント飛行、ハーフリバースキューバンエイトを決めて浮かれてたら打ちミスをしてしまい、

そこを教官Mitu井さんが見逃さず、着陸練習はお預けになりました。

 

チーン…

 

エース優太、サーカス40で四角宙返りに挑戦

さて、我らが「空飛ぶwill be」のエース、優太の出番です。

この日は、四角宙返りを徹底練習しました。

 

機体の性能なのかエンジンのパワー不足なのか、思うようにいかない模様。

最初の垂直上昇がキレイに決まっても、その後が続かずに流れたりして苦戦しています。

 

そんなエース優太を見かねてか、飛行場のクラブの精鋭たちがわらわらと集まってきました。

 

ラジコンに興じる大人たち

さすがエース。おじさまキラーの本領を発揮しています。

 

優太にアドバイスをしようと、あれやこれやと指示を出すのですが、

3人の指示がそれぞれバラバラだったのは、ここだけの話ということでひとつ…

 

そんなエース優太は、離陸から着陸まで一人でこなして、ついにソロ飛行のお許しが出ました。

おめでとうございます!

 

これで、「空飛ぶwill be」で会長に次いで2人目の、ソロ飛行のできるフライヤーの誕生です。

 

私も、エース優太に、みっちり指導を受けようかな。

 

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    このブログの管理人です。 体のサイズが大きい(身長が高いとも言う)ところから、 「進撃の巨人」とか「スポック(@スター○レック)」とも 呼ばれています。